ごあいさつ


理事長
庄司 知泰

1978年生まれ 兵庫県尼崎市出身
関西学院大学文学部 卒
本業は「売れないバンドマン」(本人談)

ここ数年、学習支援への機運の高まりが全国的なムーブメントになっていると聞きます。不思議なことにたくさんの方が同時期に無料塾が必要だと考え、八王子つばめ塾を参考にして実際に無料塾を開催するに至ったわけです。

国分寺きずな塾の川上代表は「無料塾が不要な世の中になるのが理想だ」とおっしゃいます。
まさにそのとおりなのですが、悲しいことに実際の目の前には無料塾でのサポートが必要な生徒が現実に存在します。

目の前のそのサポートを必要とする生徒にサポートを供給する。

無料塾の動機って至ってシンプルなのです。
でもそのサポートも継続しないと効果がありません。
お腹を空かせた子供に1食だけ供給しても、その子供はまた明日の食事を心配しないといけないのです。

サポートを継続するにはひとりの力では厳しいことも多々あるかと存じます。
これをお読みになってくださっている方の中には実際に力を発揮できる方がいらっしゃるはずです。
ひとりひとりの力を集めることでサポートを継続することができます。

そしてそのサポートを受けた経験のある子供がいつか大人になったときに、今度は次世代へサポートする側になってくれたのなら、きっといつか「無料塾が不要な世の中」になるのではと思います。

阪神つばめ学習会がたくさんの方々の力によって継続、発展することを、そしていつか八王子つばめや他の無料塾、非営利塾とともに役目を終える社会を迎えることを願っております。


副理事長
後藤 彰大

1993年生まれ
神戸大学経営学部 卒

私は会社を起業して半年後から今の今まで4年間無料塾を運営してきました。当初は自社のCSR活動というような想いで無料塾を始めましたが、それが今では自分自身や自社にとって、この無料塾という存在が切っては切れない関係になりました。

毎週、学びたいという好奇心あふれる子供たちと接することが本当に新鮮で、赤の他人であっても、いつまでもこの子たちの良き兄貴でありたいと強く思います。我々講師たちが教室に来る子供たちの純粋な笑顔から得られるものは計り知れません。実際、ボランティアの先生方は何の見返りも求めずに教えに来てくださいます。私は、学びたい子供たち、それを応援したい講師たち、そして我々全員が自然と集う場、それが阪神つばめだと思います。

このような場がまだまだ世の中には数少ないです。無料塾は、経費をかけずとも、想いだけで始めることができる社会貢献活動です。我々はNPO法人である以上、この活動をずっと続けていきます。
2020年、令和の年に入り、そのための仕組み化を進めています。私が自社のCSRとして無料塾を行なっているように、今後は企業型の無料塾運営をもっともっと世の中に広めていき、全国的な無料塾インフラの構築に貢献したいと思います。


理 事
谷村 俊之

1992年生まれ 神戸市出身
関西学院大学理工学部 卒

塾と聞けば勉強するところとイメージされる方は多いかもしれません。
もちろん阪神つばめ学習会も勉強を教えます。
しかし、阪神つばめにお越しくださるボランティア講師の方々は勉強を教えるだけでなく、学校での出来事、部活、趣味の話などをしたりと、色々な立場から生徒一人一人に向き合っています。

そんな阪神つばめを運営していて気付いたことがあります。
ここに来る理由は何であれ、集まった子供達が笑顔であること。また、教えてくださっている先生達もみんな笑顔であること。

ここで育った子供達が大人になった時に阪神つばめ学習会で学んでよかった、そして、教えてくださる先生方が阪神つばめで子供達に教えててよかったと思ってもらえるような教室をずっと続けたい。
そんな思いで阪神つばめ学習会として皆様のお力添えを頂き、多くの方々と関わっていければと思っております。


理 事
及川 陽太

1994年まれ 兵庫県西宮市出身
京都大学大学院人間・環境学研究科 修了(専門は経済学史)
現在は人材育成会社に勤務しつつ、会社員・教育者・研究者の「三足のわらじ」を
目指しています。

私は「生徒が変わるために変わらず存在し続ける塾」を作ります。
学びたい、叶えたい夢がある、もっと勉強ができるようになりたい、そんな想いをもつ生徒が目の前にいる限り、私たちは支え続けます。
この塾では「想いを結果に変えることをサポートしたい」という共通の想いをもった、多様な背景の講師の方々が、真剣さとユーモアを交えつつ、ひとりひとりのペースに寄り添っています。
問題の解法や効率的な勉強法ももちろん伝えますが、私たちは「塾に行こう」という想いを最も大切にしています。
その想いが、自分のもっと大きな想い(夢や目標)に向かう、行動の第一歩だからです。
そして、その行動を結果につなげるために、つばめ学習会は補助輪のように支えます。
「想いを結果に変える」経験は、定期考査や受験のみならず、その先の夢の実現にも必ず役立ちます。なにより、その経験があれば、補助輪なしでも夢を抱き続け、自走することができます。
いつでも変わりたくなったときに気軽に生徒が立ち寄れる居場所として、最初の小さなきっかけを提供する場として、学校でも企業でもない阪神つばめ学習会だからこそできることがあります。


監 事
小西 基皓

1984年生まれ
同志社大学大学院司法研究科 修了
弁護士

保護者の経済的格差を子どもの教育格差にしない。
この設立趣旨に賛同してくださる現役大学生から社会の第一線でご活躍の方を始めとするボランティア講師が、教育機会の提供はもちろんのこと、これまで培ってきた経験を基に子どもたちと交流することによって、子どもたちは様々な視野を学ぶことができ、そしてその経験を生かして、つばめのように社会に羽ばたいて、また将来のつばめのために巣に戻ってくる、戻ってこれる居場所にしたいと意気込んでおります。


監 事
山本 将

1978年生まれ
関西学院大学経済学部 卒
税理士

『国家百年の計は教育にあり』という言葉があります。
子供たちへの教育は、国が真の発展繁栄をしていく上では、必須事項ではないでしょうか。
日本では、学校の授業以外に学習塾へ行くのが一般的となっております。学習塾へ行っている子と、行っていない子では、学習に差が出てきているのも現実ではないでしょうか。
これは日本にとってどれほどの損失になるでしょうか。
私たち阪神つばめ学習会では、経済的理由等で、勉強がしたくてもできない子供たちを少しでも減らしていきたいという気持ちで、学習できる場を提供しています。
その環境を提供し続けることができるように、私は監事という立場から、この組織の経理状況を適切に監督し、NPO法人阪神つばめ学習会がいつまでも存続できるように、微力ながら指導して参ります。


顧 問
大前 繁雄

1942年兵庫県川西市生まれ
京都大学法学部 卒
元衆議院議員

「その国の将来を知りたければ、その国の青少年を見ればよい」といわれます。
教育の重要性を如実に表わす名言ですが、明日の日本を担う若者の教育は極めて大切です。
そのような期待に応えるべく有志が集まって、このたび阪神つばめ学習会が私達の近くに発足されますのは、大変喜ばしいことであり、感謝の念にたえません。

つばめ学習会の理念が充分理解され、経済的理由で学力の低下をきたすことを食い止める〝大きなチカラ〟として期待し、この活動を知った皆様のご尽力を賜ることができれば幸いに存じます。